Poetry events/reports/publishing

PHOTO REPORT: 呪文、売ります。2018

会期:2018年10月27日(土)、31日(水)
会場:SHITEKI NA SHIGOTO Gallery、TOCA by lifart...
企画:してきなしごと、TOCA by lifart...



2014年にウチダゴウが開催したイベント「呪文、売ります。」が、2018年、ハロウィーンイベントとして復活。ウチダゴウによって創作された呪文15種と、キャンドル作家・西牧隆行のキャンドル5種を、森の会場、安曇野はSHITEKI NA SHIGOTO GAlleryと、街の会場、松本はTOCA by lifart...にて開催しました。15種の効能から、今自分が最も必要とする呪文を選ぶと、ウチダ扮するまじない売りが、呪文をハンドライティング。呪文を構成する言葉の由来や唱え方を教わります。そして、呪文を唱えながら包まれたい香りを、アロマキャンドルを嗅いで、自らのインスピレーションを頼りにチョイスしたら、晴れて呪文とキャンドルを持ち帰ることができる、このプログラム。怪しく、謎めいた、非日常のこのイベントにご来場くださったのは、総勢37名もの方々。会場の近隣にお住いの方にとどまらず、長野市や上田市、横浜や東京などからも足を運んでいただきました。

詩も、キャンドルも、それを生業にする以上、仕事であり、ビジネスです。ビジネスは常に「いかに早く」「いかに大きく」という要求あるいは誘惑がついて回ります。それらが全くの誤りだというわけではないけれど、それだけではないこともまた然りだと思っています。一年の終わりが見えてくるこのハロウィーンの季節に、一人一人と話しながら、呪文とキャンドルを手渡していく、その行為を、皆様と過ごすことは、とても有意義なことだったと、イベントを終えた今、感じています。盛況のうちに幕を閉じた本プログラムは、今後、ハロウィーンの季節の恒例イベントとなります。呪文とキャンドルの内容も、毎年新たになります。一年を呪文とともに過ごしていただき、次の年、新たな目標を得たり、次のステップに踏み出したりするだろう皆さんに、また新しい呪文とキャンドルをお届けします。


呪文とキャンドル

安曇野・SHITEKI NA SHIGOTO Gallery

松本・TOCA by lifart…

Tags: