Poetry events/reports/publishing

一時間の詩 2018

松本:2018年3月9日(金)・栞日
安曇野:2018年3月10日(土)・GOOD OLD LAND
長野:2018年3月25日(日)・WANDERLUST


言葉と音 演者と客 時間と空間
その場に居合わせたすべてが
おのおのの輪郭を失って 混ざりあい
やがてひとつの詩になる
いったいあれは何だったのか
だれもうまく言い当てられないのに
漠然と けれど確かな感覚で
“ああ、あれは、とても詩だった”
と思わざるを得ない そんなひととき
成功を目論まず 失敗を恐れず
ひたすら無垢に そのひとときへと感性を注ぐ
「一時間の詩」は 詩人と音楽家による
我が儘で一途な 実験的な公演です


MATSUMOTO
2018.3.9 Fri
at 栞日

Doors open at 6.30pm Start at 7pm The curtain falls at 8pm
3-7-8 Fukashi Matsumoto-shi Nagano(長野県松本市深志3-7-8)
capacity: 40 people


AZUMINO
2018.3.10 Sat
at GOOD OLD LAND

Doors open at 4.30pm Start at 5pm The curtain falls at 6pm
7542-85 Hotaka-Ariake Azumino-shi Nagano(長野県安曇野市穂高有明7542-85)
capacity: 15 people


NAGANO
2018.3.25 Sun
at WANDERLUST

Doors open at 5.30pm Start at 6pm The curtain falls at 7pm
146-3 Higashi-machi Nagano-shi Nagano(長野県長野市東町146-3)
capacity: 40 people

price:
3,500 yen

merchandise is on sale(出演者物販あり)

booking:
1hourpoetry@gmail.com

Please send to the above email address after filling ‘Your Name’ ‘Number of people’ ‘Your email address’ in a text column and writing ‘Date’ in a subject. And also you can do that at each venues.(件名に「一時間の詩申込/参加希望日」を、本文に「お名前・人数・メールアドレス」をご記入ください。また、各会場の店頭でもご予約いただけます。

profile:
平松良太 東京音楽大学作曲科卒業。在学中から映画や打楽器五重奏の委嘱作品を手がけCanonのCMではピアノを演奏。ダンサーとの作品(S)HEや小谷村の写真家・前田聡子と「まっすぐに。」 を主催。2013年小布施・境内アートの招聘アーティスト。この頃からボタン式アコーディオンを始める。Real&TrueではKeith Tippett, Splashgirlなどのオープニングを経てメインでのツァーを敢行。昨年、信濃美術館にて東山魁夷の作品を始点に展開する演奏会「青の素描」を開催。ryota-hiramatsu.com

五十嵐あさか  チェリスト、作編曲家。東京音楽大学卒業。2000 年からエクアドルやアルゼンチンの音楽家と交流を続け現地で音楽活動を行う。2013 年ブエノスアイレスに移住、2 枚の無伴奏アルバム「mira-ミラ」「awasqa-アワスカ」をリリースし 2015 年 帰国。翌年から日本での活動を再開。現在は、室内楽曲や合唱曲作品の編曲を行う一方、チェロ無伴奏曲の自作自演、ギター弾き語りや、ホーミー、コーラスも行っている。2017年ブエノスアイレスで完成した楽器制作家パウラ・ゴドイ作の 5 弦チェロによる自作曲は、2018年6/9の無伴奏自作自演公演「音みる夜・Vol.4」にて発表。asakaigarashi.com

ウチダゴウ 詩人、グラフィックデザイナー。立教大学法学部卒。詩とデザインのアトリエ「してきなしごと」代表。詩人としての感性・職能を生かしたブランディングやネーミング、デザインを行うとともに、詩の執筆、独創的な詩の商品を制作。長野・木崎湖での「ALPS BOOK CAMP」を始め、全国で個展や朗読会を開催。近年、英国スコットランドでの活動も続けており、ポスター「スコットランド七編詩」や写真詩集『長い旅』など、現地での滞在を通じて生まれた作品も多い。長野県在住。shitekinashigoto.com

Tags: