Poetry events/reports/publishing

にんげんのふく 第一弾「ふく」

製造:yohaku(株式会社サンカーベ)
染色:金井工芸、ソメヤスズキ、相澤染工場、宝島染工、坂由香里
販売:余白 鳥越店


「にんげんのふく」は、2018年春に、yohakuにより誕生した、詩をプリントして展開する、ファッションブランドです。第一弾は、Tシャツ。制作に向けて、詩「ふく」を書き下ろし、ハンドライティングしました。詩を濃染剤でプリントしたのち、全国5ヶ所の染工場・染色家によって、Tシャツを染色。藍染・泥染・墨染・草木染・藍染+呉汁の、5種の天然染Tシャツが誕生しました。詩は、日本語版と英語版の2パターンで展開。女性サイズは1・2、男性サイズは3・4。一枚一枚手染によって製作されているので、同じ色の中でも、色の濃さや染まり具合、プリントの出方、生地の質感など、すべて表情が異なります。東京は蔵前・浅草橋の直営店「余白 鳥越店」にて販売しています。

“ningen no fuku” is a fashion brand which was established in spring in 2018 by yohaku, and the brand creates clothes with printing poems. Go Uchida wrote a new poem “fuku (means clothes)” and handwrote it when yohaku created the first product, t-shirt. The poem was printed t-shirt by deep coloring agent, and next the t-shirt was dyed by five dyeing factories in Japan. Indigo dye, mud dye, black dye, vegetable dye (Japanese cypress) and indigo-soybean dye—five colours of t-shirts was completed. Poem has two version Japanese and English, and it has four sizes—1 and 2 for women, 3 and 4 for men. As the t-shirt is dye by hand, nothing is the same—the depth of colour, texture, dying condition and print expression. “fuku” is now on sale at yohaku Torigoe-ten in Kuramae/Asakusabashi, Tokyo.

Tags: