Poetry events/reports/publishing

物語食堂 2019

会期:2019年9月3日(火)
時間:昼の部 11:30 〜 13:00、夜の部 19:30 〜 21:00
会場:Alps gohan



Alps gohan・料理研究家の金子健一によるおいしいごはんと、してきなしごと・詩人のウチダゴウによるおいしい詩を、一度にいただく、スペシャルなお食事会。2018年冬の開催に続く、第2回は、夏の開催となりました。今回は、昼の部と夜の部、2回開催。完全予約制です。お盆を過ぎて、次第に暑さ和らぐ、9月初旬。皆様のお申し込み・ご参加をお待ちしております。


Date:
2019年9月3日(火)
昼の部 11:00開場 / 11:30開演 / 13:00終演予定
夜の部 18:30開場 / 19:30開演 / 21:00終演予定

Venue:
Alps gohan / 〒390-0815 長野県松本市深志3-7-5
車でお越しの方は、お近くのコインパーキングをご利用ください。

Fee:
昼の部 3,000円(物語食堂ランチ付)
夜の部 4,000円(物語食堂ディナー、ウェルカムドリンク付)
*そのほかドリンクメニューもございます。こちらは別途お支払いください。

Seats:
昼夜ともに7名

Booking:
件名に「20190903物語食堂申込」、本文に「お名前」と「人数」を明記の上、してきなしごと(info@shitekinashigoto.com)までお申し込みください。Alps gohan店頭あるいは電話(0263-87-5377)でも受け付けます。
*この朗読会は、御子様同伴でも、ご参加いただけます。
*席数に限りがあります。小さな御子様は親御様の膝の上にお座りください。
*申込の際に、「御子様の年齢」「必要な食事数」をお教えください。
(例:母・父・子2名で、子2名は一食分をシェアする場合 → 食事数「3名」)

Message:
From Go Uchida
物語は、多くの人にとって、小説や絵本、ドラマや映画のなかだけに存在しているもののように、思われているかもしれません。でも、本当は、この世界にあるものすべて、物語なのです。たとえば、ぼくらの日々。生まれてから死ぬまで、もしかしたら死んだ後だって、ぼくやあなたの物語は続きます。そして、ごはんも一緒。ひとつのランチやディナーには、作物を育てる農家の思いや生活、その作物を調理する料理人の葛藤や夢、あるいは作物の種から実が成るまでの日々、さらに種の歴史は太古まで遡れるかもしれない。そう、ぼくらは、日々、そういう何層にも折り重なった物語を食べて、生きて暮らしているのです。だから、ぼくはこのプログラムを「物語食堂」と名付けました。今年で2回目の開催となります。金子さんが気張って、昼夜のダブルヘッダーを企画してくれました。詩の朗読のダブルヘッダー、スペシャルなご飯付で。最高ですね。

Tags: