Gallery programmes/reports/info

辺疆オリンピック / suie×デイデイ洋裁店 販売会・受注会

会期:2021年7月22日(祝)〜 7月25日(日) / 閉廊日なし
時間:10:00 〜 17:00


世界各地の民族衣装・伝統衣装に、そのオリジナリティを保ちつつ、現代の街着としての命を新たに吹き込もうとする「suie(スィ)」。ガーゼ生地の野趣溢れる絵柄が、光と風を得たとき、大地のように呼吸する姿を願いながら、日々描き、縫い続ける「デイデイ洋裁店」。
当然に〈中心〉があるかのように振る舞うこの世界で、2つのブランドは、一見すると〈辺疆=中央から遠く離れた地帯〉にある。しかし、実際の世界には、真ん中も端っこもない。あるのは、野性のままに広がる原野だ。この原野で競い、生き抜くのに必要なもの——それは〈どこか・だれかの中心に依りかかる〉ことでなく、彼らのように〈私が私の真ん中にある〉ことだ。
2021年7月の4連休、両ブランドの展示販売会・受注会を、夏の安曇野、森のギャラリーで開催します。生きる服に袖を通して、広大な原野を駆け回れ、いざ。


Clothes Lineup:
現在準備中

Goods:
洋服の制作がメインの両ブランドから洋服以外のプロダクト、オリジナルのZINE、布グッズ、ポストカードなど、この展示販売会を契機に制作に取り組んでいただいています。販売会・受注会と合わせて、お楽しみください。

Special program:
辺疆を旅する流浪のカレー屋が出店

Date: 2021年7月25日(日)10:00〜なくなり次第終了
夏の安曇野、躍動する命の森で開かれる、楽し美しいファッションブランドの展示販売会に、知多半島・北信を中心に、自然に優しい農家の野菜による美味しいカレーを作る、人気の「がちゃカレー」が出店します!



Messages:
from suie 仙石翠
Instagram
「私が民族衣装・伝統衣装を学ぶなかで知ったデザインや独特の美意識、その土地の文化や価値観を通して、現代の私たちが街着として着られるアイテムを作っています。目指しているのは、暮らす人・働く人が普段身につけていてさりげなく別の文化を感じる、そんなものづくり。suieを始めたことで、ものづくりのサイクルやペース、どういう人たちと関わりどこから仕入れるかなど、産地に対してより意識するようになり、自分にも周りにも無理がなく心地良い状態を作っていきたいと思っています。今は産地と直接やりとりをして生地を仕入れていけるよう、少しずつ開拓中です。」

from デイデイ洋裁店 中井亜沙子Instagram
「普段着に出来て、おもしろい洋服をつくりたくて、当初〈day un day(デイアンデイ)〉という名前で作りはじめました。それが縮まり、あだ名的に〈デイデイ〉と呼ばれ始め、わかりやすいように〈洋裁店〉と名乗り、〈デイデイ洋裁店〉となりました。後に、〈デイ〉には、クメール語で“縫う”という意味があることを教えてもらいました。〈デイデイ〉は、“日常”と“縫うこと”を兼ねている言葉であり、音を2回繰り返す、リズミカルな名前です。
布に直接絵を描く染め方で、ガーゼを主に使ってテキスタイルをつくり、洋服を中心に製作しています。すべての過程をこの目で見て、手をかけていたい——身の回りのこと、古い作家の手法、新しい手法、いろいろなことに触れながら、噛み砕きながら、デイデイテキスタイルは生まれていくのだと感じます。デイデイは自分の日常でいて、つくることはいきることです。」

Tags: