Gallery programmes/reports/info

藤原印刷×してきなしごと ぶんしんするし しんぶんするし

会期:2021年5月8日(土)〜 5月23日(日)
時間:平日13:00〜17:00/土日祝11:00〜17:00(23日15時迄)
休廊:2021年5月13日・21日


藤原印刷巡回ツアー〈いんさつはたのしい2020-2021〉は、私たちの身の回りに必ずといってよいほど存在している「紙」や「印刷」をもっと身近に感じてもらうプロジェクト。印刷物たちは、いったいどのようにして生まれ、どんな可能性を秘めているのか。思わず声を上げてしまうような面白い展示や、その地域にゆかりのある人物との印刷に関するトークイベントなどの催しを開催しています。その第2回目を、5月、SHITEKI NA SHIGOTO Galleryで開催。してきなしごと代表で、詩人・グラフィックデザイナーのウチダゴウとコラボレーションします。会期は2021年5月8日(土)から23日(日)まで。

家で過ごす時間が増えて、外へ出かけることが減った今日この頃。テレワーク勤務、オンラインでの買い物、SNSによる情報交流。人々の日常生活にデジタル領域が増え続けている今、〈リアル領域で感じること〉にあえて目を向けました。スマートフォンの液晶やパソコンのモニターを通した世界では味わえないリアルの迫力と尊さを、詩人と印刷会社が工夫を凝らしてお届けする今回。入場料500円ですが、本企画に向けて制作したタブロイド判の詩集がついてきます。展示を楽しむのにも欠かせないこの詩集を手に入れて、ぜひご参加ください。


Date:
2021年5月8日(土)〜 5月23日(日)
平日13:00〜17:00 土日祝11:00〜17:00
23日は15:00まで / 13日・21日休廊
22,23日フード出店あり by @mamani_azumino & @migrant.azumino

Fee:
500円(ウチダゴウ執筆制作監修によるタブロイド判詩集付)

Closing Talk Event:
“詩と建築。なぜ感性を惹きつけるのか。”
社会や日常にデジタル領域が増え続けるいっぽうで、詩や建築への注目度は逆に高まっている。デジタルでは存在し得ない2つの世界について、藤原印刷・藤原隆充が、安曇野在住の詩人と設計士に尋ねます。
日時:2021年5月23日(日)15:00〜16:00
出演:ウチダゴウ
   島田真弓+寺田和彦
司会:藤原隆充
料金:先着10名/1,000円(おやきと珈琲付)
予約:event@fujiwara-i.com(名前と人数をご記入ください/担当:藤原印刷)

Tags: