Gallery programmes/reports/info

REPORT: Botanical Poetryscape/植物詩景

会期:2019年6月15日(土)〜 6月23日(日)
作家:ポインターすみれ(issou)、ウチダゴウ(してきなしごと)
企画:してきなしごと



ボタニカルアロマデザイナー・ポインターすみれと、してきなしごと・ウチダゴウによるコラボレート企画展。「植物がいる風景」を題材に、ウチダが詩を執筆し、その詩からイメージされる香りを、ポインターすみれが調香。詩を読み、香りを嗅ぎながら、大地を縦横無尽に、時には記憶や心にまで、根を張り生き続ける、植物たちの風景を、来場者に届けるプログラムとなりました。顕微鏡的な言葉である詩と、時の流れとともにやがては消える儚さのある香りという、ふたりのアーティストによるコラボレーションはとても小さな世界で起こるものでしたが、しかしどこまでも深く、どこまでも遠くへ及ぶ、開放的で、自由な、来場者・読者の心を許容してくれる、豊かさに満ちたものでもありました。9日間の来場者は、100人超。この企画のためにポインターすみれさんと制作した、レターセットと携帯アロマは、限定100セット中、残部は57点。およそ半数の方が、手に取ってくださったことになります。受注販売となった文香や水出しハーブティも滞りなく売れ、営業としても充実した内容となったと思います。

そして、それ以上に特筆すべき点は、来場者の方々が、「詩」と「香り」、そしてその題材となった「植物がいる風景」という、人間の日常生活にとってその重要性を感じづらいものたちに、じっくりと深く、身を委ね、心を動かしてくださったことだと思います。詩や香りから感じたことを疑うことなく、味わい、愛してくださっていました。ウチダが詩の活動を始めた15年前には、想像し得ない光景が、毎日、ギャラリーに広がっていたのです。この場をともに生み出してくださったポインターすみれさん、そしてこの時をともに経験してくださったご来場者の皆さんに、厚く御礼を申し上げます。


DM Design: Go Uchida
Oil Blending: Sumire Poynter
Poetry Writing and Reading: Go Uchida
Photos: Go Uchida

Tags: