Design

信毎メディアガーデン串田企画 にぎやか茶話会

「にぎやか茶話会」は、信濃毎日新聞松本本社・信毎メディアガーデンで開催されるFESTA松本(2020年スタート)のプログラムとして、まつもと市民芸術館の芸術監督・串田和美氏による企画のひとつ。〈祭り〉とは本来困難な時期を乗り越えるべく開かれてきた。「にぎやか茶話会」は、コロナ禍に打ちひしがれるのではなく、これからの新しい営みのあり方や更なる発展を窺うべく、多種多様な出演者と、それぞれの思いに耳を傾け語らう場として企画・開催される。ロゴは企画名とその趣旨に因み、伸びやかで、清々しく、快活なムードをもつスタイルに。また「茶話会」のなかに、開催地である長野県松本市の自然——山の稜線、空を舞う野鳥、茂る木々、大地を滔々と流れる河川と、そのさなかで語り合う、主義も思想も宗教も性別も夢も日々も異なるが共に生きようとする人間を描いた。フライヤー・ポスターには、滑らかなグラフィックのロゴ、粗い手書き文字による副題、古めかしい凸版明朝、安定感のあるゴシック体と異なるテイストのパーツを使って、茶話会の〈偶発の演劇のような、にぎやか〉さを表現している。

Link:
2021年10月13日 信毎メディアガーデン串田企画第14弾 にぎやか茶話会

Client: The Shinano Mainichi Shimbun
Producer: Kazuyoshi Kushida
Coordinator: Akio Kushida
Design: Go Uchida

Tags: